会社を安心・安全にソリューションする
イノベーション企業 株式会社Puravida

052-684-6361 メールフォーム
インターネットセキュリティ
HOME

>

ネットワーク犯罪について

拡大するネット不正送金被害・データ流出のニュースが絶えずヘッドラインを賑わしています。
なかでも近年のサイバー犯罪の主な目的は、金銭を窃取することです。
今やネットワークセキュリティは必須の課題であり、企業では効果的な対策を実施することが重要です。

狙われる企業ネットワーク 

金銭搾取を目的としたサイバー犯罪は年々巧妙になっています。
企業の大小に係わらずセキュリティの甘い企業がターゲットにされています。

違法サイトの閲覧や不明なメールアドレスの閲覧をしないというだけでは、サイバー犯罪を防ぐことは出来ません。
近年のサイバー攻撃は、既知の著名サイト、既知のメールアドレスを 経由してやってきます。まずセキュリティの甘い企業に侵入。
ID、パスワードなどの金融機関情報や名簿情報など換金できる情報を 抜き去った後に、よりセキュリティの高い企業へ
侵入するための踏み台とされます。
世界では1日約 6 万ものウイルスが発見されています。

狙われる企業ネットワーク図

不正アクセス・Webサイト
メールなど、あらゆる手を使い攻撃

右へ

ID、パスワードなど金融 機関情報や
名簿情報等を窃取。遠隔操作可能状態。

遠隔操作で貴社ネットワークを使い、
他社を攻撃。

右へ

多様化・功名化するサイバー犯罪の手口

データの重要性・価値が高まっていますが、それを狙う手口も進化しています。 サイバー犯罪の特異な点は、感染した企業は単に被害者になるだけでなく取引先等に新たにウイルスを発信する・著名企業や 官公庁を襲う加害者になり得ることです。
被害は自社の業務支障だけでなく、他社からの信用失墜など拡大していきます。また、不正送金先や情報漏えい先は、国内の捜査権の及ばない第3国がほとんどで、サイバー攻撃者までたどるのは極めて困難な状況です。

なりすまし(フィッシング)

金融機関・オンラインショッピング・オークションサイト等を騙った
「なりすましメール」を送信し、偽サイト へ誘導して銀行口座情報
クレジットカード情報を窃取 します。

なりすましサイト図

Web サイト改ざん

官公庁や企業の Web サイトを見ただけでウイルスに感染 するケースが急増しています。これまで遠隔操作型ウイ ルスやネットバンキングの口座情報やクレジットカード 情報を盗み出すウイルスが発見されています。

改ざん一般企業サイト図

自己増殖

ウイルスは感染した PC のメールソフトからアドレス 帳を読取り、登録されているメールアドレスにウイルス を添付して送信します。
また社内 LAN の共有フォルダ や USB メモリなどのデバイスに自己増殖を行います。

感染した取引先から取引先・社内へ拡散する図

不正アクセス

直接 LAN に侵入する不正アクセスは無差別に行われて いて、セキュリティの甘い企業が狙われています。 侵入した攻撃者は PC をボット化し(自在に遠隔操作 できるようにする)、情報を抜き、著名企業攻撃の踏み 台にします。

攻撃者からのウイルス送信・遠隔操作図

ご応募・お問い合わせはコチラから!

052-684-6361

受付時間
9:30~18:30(土/日曜日を除く)

受付時間 9:30~18:30(土/日曜日を除く)

メールでのお問い合わせはこちらから