株式会社Puravida(プラヴィダ) 会社を安心・安全にソリューションするイノベーション企業

会社を安心・安全にソリューションするイノベーション企業 株式会社Puravida(プラヴィダ)
ネットワークセキュリティー・防犯カメラ・LED・OA機器・各種インターネット回線・各種新電力・各種新電力

電話:052-684-6361/営業時間:9:00〜18:00

ネットワークセキュリティ世界最高水準のハイクオリティUTMサイバー攻撃が日々、巧妙化・多様化する中、
企業はセキュリティ対策の強化と、そのコストダウンという難しい課題に直面しています。

マイナンバーは特定個人情報に外としますので、法令違反には厳しい罰則規定があります。
罰則規定があることを知っていますか?

マイナンバーは、

行政を効率化し、国民の利便性を高め、
公平・公正な社会を実現する社会基盤です!

マイナンバーは個人情報の一種である「特定個人情報」です。
個人情報よりも厳重な位置づけにあり、大小問わず全ての企業や個人事業主に厳格な情報管理体制が義務付けられます。

※マイナンバーを漏洩した本人はもちろんのこと、雇用していた事業主も処罰の対象となります。

どんな罰則規定があるのでしょうか?

規模の大小問わず全ての企業、個人事業主に適用されます。

マイナンバーには重要な個人情報があることから、
漏えい時には個人情報保護法以上に厳しい罰則が科される可能性があるのです。

従業員がマイナンバーを不正に漏えいしたら

従業員がマイナンバーを不正に漏えいした場合の罰則規定

罰則規定の可能性事例

PCウィルス感染による漏えい



パソコンがウイルスに感染し、第三者に個人情報が漏えいした場合。

アクセス権限のない従業員による漏えい



アクセスを許可されていない従業員が個人データを漏えいした場合。

バックアップがなくデータ復旧ができない場合



バックアップも取られておらず、個人データを復旧できなかった場合。

マイナンバー対策、進んでますか?

個人も法人も関係なし知らなかったでは済まされない?!

大手企業が導入している強力・安心セキュリティ(UTM)をご提案いたします!


マイナンバーに伴う必要なセキュリティ対策


外部セキュリティ対策

ネットワークに繋がっている状態で外部からの脅威をそもそも防ぐ対策が必要となります

外部セキュリティは、そもそもパソコンのセキュリティが不十分だとダメですとか、現在使用中 のシステム会社やソフト会社が対策するから、 自分たちでは何もしなくても良い!ではありません。
ネットワークに繋がっている状態(インターネット回線・複合機などとネットワークで繋がっている)で外部からの脅威をそもそも防ぐ対策が必要となります。

内部セキュリティ対策

誰のパソコンでマイナンバーを扱っていたのか? いつ使っていたパソコンでマイナンバーを扱ったかいつ、印刷したか?
USBなどの外部メディアにマイナンバーが含まれるデータをいつ入れたか?
退職する前にマイナンバーの情報を持ち出していないか?

従業員教育

どんなに完璧なセキュリティ対策をしていても、それを扱う側の知識が不足していると、あまり意味がありません
マイナンバー制度の理解、保管と廃棄のルール、委託先の管理、漏洩を起こさないための措置など 様々な理解が必要となります。

設備や配置の対策

書類や鍵を保管するスペースは、さらに鍵をかけることができるか?
オフィスに入ってすぐ内部スペースを見られないようにパーテーションなどの目隠しが必要 など、今まで以上に設備や配置に気をつける必要があります!

マイナンバー制度の導入により、今まで「特定個人情報取り扱い事業者」の対象外だった企業もその対象となり、しっかりとしたセキュリティ環境が求められます。しかし、多くの企業が意識していない問題があります。

強力・安心セキュリティー(UTM)特徴・機能はこちらから

各種事業部の専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします全てお任せいただけますお問い合わせ